オンラインレッスンの長所(2)

  • 2020.04.27 Monday
  • 10:40

前回書いたオンラインレッスン特有のアドバイスポイント。

大きく二つに分けたうちの二つ目について今日は書いてみます。

 

それは、”自分で楽譜に書き込む”ということ。

これはアドバイスというのかどうか?という気もしますが、

レッスンを自発的に受けるという意味でとても重要なことなのではないかと思うのです。

 

未就学児の生徒さんはさすがに文字を書くということがまだ難しいので

お母様に隣についていただいて講師の代わりに書き込んでいただきますが、

小学生以上の生徒さんに対してはこの機会をチャンスと捉えています。

 

 

オンラインレッスン開始当初、ほとんどの生徒さんに「エンピツ持ってきてね」と伝え、

「では今先生が話したことを自分の言葉でわかるように楽譜に書き込んでみて!」と言っています。

(小学校低学年の生徒さんの場合はまだ単語を選ぶことが難しい場合もあるので、こちらで「○○と書いてごらん」と伝えています。)

講師が楽譜に書き込めない今の状況の中で、こうして生徒さん本人が自分の楽譜を”自分のもの”として扱うこと。

これは自立した練習への重要な一歩だと思うのです。

 

 

当教室では講師が使用教本を選び、注文し、生徒さんに渡します(又は指定した教本を生徒さんご自身に購入してもらいます)。

そして生徒さんは講師が決めた曲(教本の中には省略する曲もあったりするので)を練習する。

レッスンの中で気をつけるポイントがあれば、講師は生徒さんの楽譜に書き込みをする。

当然と言えば当然の流れですよね。

でもこの一連の流れが、”受け身”な思考回路になる危険を孕んでいるんじゃないかな・・・と思うことがあるのです。

 

 

 

対面レッスンが日常だった頃から、

小学校高学年以上の生徒さんに定期的に聞いていることがありました。

 

「ピアノのそばにエンピツ置いてる?」

 

そうすると、ほとんどの生徒さんの答えは「置いてません」です(^_^;

 

その度に置くことでどんな効果があるかの話はしていましたが、実践する生徒さんはまだまだ少ないのが現状。

これはとてももったいないことだな、と日々感じていました。

もちろん講師が選んで渡した楽譜ではありますが、

渡した瞬間からその楽譜はもう”あなたのもの”なのです。

 

”自分の楽譜に気をつけるべきポイントを自分で書き込む”

よく考えてみれはいたって普通のことですよね。

 

 

ただ、もちろんなんでもかんでも書き込めば良いというわけでもありません。

当教室では、「ドレミ(階名)だけは書き込まないでね!」と伝えています。

でも、それ以外は自由だよと話しています。

(もちろん音符が見えなくなるような書き込みは本末転倒ですが・笑)

「ここ、取り出して練習!」とか、「このアクセント大事!」とか、

日々の練習の中で気になったこと、思いついたことは大切な財産です。

 

更には指使い。

「これ!」という素敵な指使いを見つけることって、実は運命の出会いだったりします。

特にまだ小さいお子さんの場合、一晩寝てしまうと明日の朝にはもうその指使いを忘れているかもしれません。

 

 

結果的にもしその内容が間違っていたとしても、”自発的に考える”という

思考回路が形成されることは、何かを学んでいく上で非常に重要なことだと感じています。

そしてレッスンを受けるということの本質は、講師が生徒に何かを教える一方通行だけで終わらず、

生徒が自分で考えて練習したことの内容をブラッシュアップすることだと思うのです。

 

間違いを恐れずに恥ずかしがらずに、自分の力で考えられること。

もしかしたらピアノという習い事以外にも共通するのかもしれませんね。

 

 

 

「まずはエンピツをピアノのそばに置いてから練習をスタートしてみよう!」

 

これが、オンラインレッスン期間を通じて生徒さん達に習慣化してもらいたいことです。

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、お願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

*Rピアノ教室webサイト*

オンラインレッスンの長所(1)

  • 2020.04.20 Monday
  • 10:28

オンラインレッスン、順調に続いています。

対面レッスンが恋しくなることも多々ありますが・・・画面に映る生徒さん達が楽しそうに演奏している姿を見ると、

このような状況下であってもレッスンを継続する意味があることに気付かされます。

先日も、大人の生徒さんがオンラインレッスンにトライしてくれました。


 

楽しそうな表情ですね!

 

 

さて今日は、前回のブログで少し書いた

オンラインレッスン特有のアドバイスポイントについて。

 

大きく分けて二つあります。

 

まずはフォームの問題。

これは本当に目から鱗の発見でした!

普段からレッスン室では椅子の座り方(椅子の高さや身体のどこを意識して座るか)や、

ピアノと自分の距離をどれくらい取るかなど、生徒さんそれぞれに細かく説明しています。

 

ですが、お家でも同じように座ることが出来ていないケースがとても多かったのです。

これは生徒さんに直す気が無いということではなく、

自宅というリラックスした環境であることや

使用する楽器が異なるということが大きく関係していると感じました。

事実、発表会やコンクールでも普段とは異なる座り方で弾いてしまう経験をしたことがある方も多いと思います。

なかでもまだ幼いお子さんにとっては、環境が変わると意識しづらくなることでもあります。

 

兄弟や姉妹で習っているご家庭の場合、

椅子の高さはもちろん、椅子とピアノの距離も各々で違ってきます。

特に二人(もしくはそれ以上)の年齢差が3歳以上離れた場合、

腕の長さにだいぶ差があるので、椅子の位置をそれぞれに合った場所に決めることは大変重要です。

そして、椅子の座り方が弾く時のフォームに大きく作用します。

腕の長さの割にピアノと近過ぎる距離で弾いていれば自然と肘が下がってしまいますし、

その結果背中が丸くなり過ぎる危険性があります。

 

 

ピアノという習い事は大抵週に1度のペースで教室に通います。

そして当教室の場合、多くのレッスンが30分から60分コースの生徒さん達です。

ということは、一週間のうち6日間と23時間程度は自宅での練習ということになります。

(単純計算です。睡眠や食事や自由な時間を削って欲しいという意味ではありません、念のため・笑)

この、圧倒的な割合を占める自宅での練習時間中にフォームが良くないと、

いくらレッスンの時だけ気をつけても・・・・なかなか改善しませんよね。

 

先にも書いたように、生徒さん達はみんな”やる気が無い”からフォームを直さないわけでは無いのです。

特に休校や外出自粛要請が出てからの日々は、

皆さんがいつにも増してピアノと向き合ってコツコツ練習しているのが、

その演奏から伝わってきます。

そのなかで見落としがちな自宅でのフォームの改善について、

オンラインレッスンを通してしっかり伝えることが出来ています。

これは当初全く予期していなかったことで、

「あぁ、苦肉の策で始めたオンラインレッスンにも長所があるんだ!」と感じました。

 

 

長くなってきたのでもう一つのポイントについては次回に!

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

*Rピアノ教室webページ*

 

オンラインレッスンに活路を見出す

  • 2020.04.08 Wednesday
  • 10:15

本当に久しぶりの更新となりました。

 

世界は今、かつてない脅威にさらされていますね。

あれよあれよという間にウイルスは当たり前の日常をおびやかし、

「人と会わない」「外に出ない」ということが

唯一の安全を守る手段という価値観を私たち人間に植えつけています。

 

 

当教室のレッスンも、この1ヶ月で様変わりしました。

最初(2月下旬だったかな)は鍵盤の除菌、マスク推奨(講師は常に着用)、

手指のアルコール消毒、こまめな換気などからスタート。

それだけでも「ここまでしないといけないなんて・・・」と感じていましたが、

今では対面のレッスンも中止せざるを得なくなっています。

 

感染拡大に伴い、今週から段階的にオンラインでのレッスンをスタートさせました。

しばらくはオンラインと対面を希望者によって並行して行おうと思っていた矢先、

緊急事態宣言となり(汗

とうとう期間限定で対面レッスンを休講、オンラインレッスンのみとしました。

 

このオンラインレッスン、

最初は「えぇぇ、そんなこと私には絶対出来ない!」とかなり及び腰だったのですが。

感染拡大し対面でのレッスンは続行不可能となった時、

「休講です」だけで済ませて良いのだろうか。

「じゃあ感染が落ち着くまでずっとレッスンしないの?そもそも落ち着くっていつ?

それまでの間にも生徒さんは継続してレッスンを受けたいはずなのに。」という思いもムクムクと湧きあがり。

一念発起(←大袈裟)してチャレンジしてみることに。

 

 

始めは友人にテストに付き合ってもらって、どのアプリが良いかの研究。

タイムラグはあるにしてもどの程度?音質は?通信状態は?そもそも使いやすいアプリなの?

など、それまでの疑問を払拭すべく友人と色々試して、現段階で最適なものを選ぶことが出来ました。

(Google Duoをメインにしつつ、iOSの生徒さんとはFaceTimeも取り入れながらということにしました。)

 

 

こちら(講師)はノートパソコン使用ということも決定。


 

写真は友人とのテスト風景です。

まさかまさか、他楽器とのアンサンブル用に準備した譜面台がこんな時に役立つとはっ!

弟からワイヤレススピーカーも借りることができ、最低限ではありますが環境を整えることが出来ました。

 

 

そしていよいよ今週からオンラインレッスンをスタートさせています。

果たして対面と同じようなレッスンが可能なのだろうか・・・と心配していましたが。

「対面と同じ」になるはずが無いのです。

むしろ、「対面」「レッスン室」では見つけづらかったアドバイスポイントが沢山あり、

その発見に私自身が驚き、この形態でのレッスンに活路を見出しています。

(もちろん、対面が最も有効なレッスン手段だという考えは変わりませんが。)

 

次回のブログは発見の詳細について書いてみようと思います♪

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

*Rピアノ教室webページ*

講師演奏〜知っている曲と知らない曲〜(2)

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 10:06

講師演奏についての続き。

前回は、有名曲を選ぶおさらい会について書きました。

 

 

発表会の選曲はその真逆(笑)

「専門的な道(音大進学など)に進まなかったら一生聴かないかも?!」

という曲を選ぶようにしています。

なぜなら、とにかく色々な曲を知って欲しいから。

 

例えば、プロコフィエフのピアノソナタ6番から抜粋、

リストのバラード2番、バーバーのピアノソナタから抜粋、などなど。

 (時間の関係でソナタの全楽章はさすがに難しいので数楽章の抜粋です。この日の主役は生徒さんですからね!)

 

上記の曲はショパンの革命のエチュードやモーツァルトのトルコマーチなど、

「あ!知ってる!」という超有名曲と比べると、

かなり知名度の低い曲ばかりですよね。

でも、とっても素敵な曲なんです!

 

もちろん、「素敵」の感覚は人それぞれですが、

そもそも一度聴いてみないと、好きか嫌いかの判断が出来ないと思うのです。

私自身、幼い頃に師事していた先生の出演されるコンサートで

今まで聴いたこともない曲に触れ(リストのメフィストワルツやショパンの舟歌など)、

「なんて素敵な曲なんだろう!」と感激した記憶あります。

 

 

専門の道に進まなくとも、いつか背伸びでもレッスンでトライしてみたいと思えるかもしれない。

それに、知っている曲が多いことは自分が”弾く”時だけではなく、

”聴く”時にもメリットがあります。

コンサートを聴きに行こうと思った時に、

知っている曲が多いことは必ず役立つと思うのです。

 

主観ではありますが、

趣味でピアノに親しんでいる方がコンサートに行きたいと思って公演を探す時、

奏者が好きなピアニストか知人でもない限り、

知っている曲がプログラムに入っているコンサートを選ぶのではないでしょうか。

そんな時に選択肢が少しでも多ければ、

より一層音楽を楽しめるんじゃないかな、と思うのです。

 

 

 

私は社会人になって教室を始めてみて、

自分にとって”メジャーな曲”が世間一般では必ずしもそうではないということを知りました。

音高、音大と過ごしてきて、

先に書いた”バーバーのピアノソナタ”があまりメジャーではないという認識はありましたが、

”ベートーヴェンのワルトシュタイン”や”ブラームスのop.118”も

「誰もが知っている曲ではない」という事実に少なからず衝撃を受けたのです。

 

 

=発表会の講師演奏という場は、”聴いたことがない素晴らしい曲”を知ってもらうのにちょうど良いのかもしれない=

 

 

そう思っています。

初めて聴くのが私の演奏、という重大な責任を負っているプレッシャーはありますが(苦笑)、

今後も少しでも生徒さん達に色々な曲を知ってもらうべく選曲していきたいと考えています。

 

 

 

 

長くなってしまいましたが、講師演奏についての思いを書いてみました。

この世に星の数ほどある素晴らしい曲を、

1曲でも多く生徒さん達と分かち合っていけたらいいな、と思っています。

 

最後に補足:

念のために書くと発表会で有名な曲を弾いたこともあります・・・「月の光」とか。

そういう曲もたまにはやりますw

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

 

*Rピアノ教室webページ*

講師演奏〜知っている曲と知らない曲〜(1)

  • 2019.10.25 Friday
  • 10:12

今日は前回のブログでもお知らせした、講師演奏の選曲についてです。

 

 

当教室の大まかな年間スケジュールでは、

講師(私)が生徒さんの前で演奏をする場が三ヶ所あります。

おさらい会(子供向け)、懇親会(大人向け)、そして発表会です。

(奏者としてのコンサートはイレギュラー開催なのでカウントしていません)

 

その選曲はもちろん講師自身がしているわけですが、

自分なりに決めたルールがあります。

 

・おさらい会や懇親会では皆さんが知っている曲や生徒さん達が近い将来練習するであろう曲

・発表会ではなるべく皆さんが生演奏では聴いたことがない(又は知らない)曲

 

 

まずおさらい会については上記の通り、”認知度が高い曲”を選んでいます。

参加する生徒さんの年齢や現在練習している教本の進度にあわせながら、

幼稚園〜小学校低学年の生徒さんが多い時は、

「ブルクミュラー25の練習曲」の後半に出てくる曲や「エリーゼのために」にしてみたり、

もう少し年齢層が高くなった際にはソナチネ〜ソナタにする・・・等々。

参加者の顔ぶれが確定してから決めていますが、

”知っている曲”、”聴いたことがある曲”、”多くの人がいつか弾きたいと憧れる曲”

に、スポットを当てています。

 

この方針は大人の生徒さんを対象とした懇親会でも同様ですが、

こちらではさすがにブルクミュラーの登場はありません(笑)

テレビやラジオなどで聴いたことがある!という曲はもちろん、

大人の生徒さんの場合は知的好奇心旺盛な方も多くいらっしゃるので、

曲の背景を説明しつつ、認知度が高い曲と関連のある曲

(同じ組曲の中に入っている別の曲など)を取り入れることも。

 

 

おさらい会や懇親会といったアットホームな会では、

小さな成長をとても大事にしています。

講師演奏も耳馴染みの良い曲を演奏することで、

小さな、けれど着実な、”明日からの目標”を持ってもらいたいのです。

「もうちょっと頑張って練習を積み重ねれば、あの曲が弾けるようになるかも!」

というポジティブな向上心を少しでも刺激できたら・・・と考えて曲を選んでいます。

 

 

長くなっても読みづらいので、

発表会の講師演奏については次回に・・・(╹◡╹)

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

 

 

*Rピアノ教室webページ*

第18回おさらい会が終了しました♪

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 10:37

先週末、無事におさらい会が終了しました。

 

奇跡的に(?!)出演者全員がレッスン時の出来を上回る演奏で、

いつにも増して和やかな雰囲気の会となりました。

 

 

このおさらい会、早いもので今回で18回を数えました。

 

発表会のように少し背伸びした曲に数ヶ月かけてチャレンジするのではなく、

”日頃取り組んでいる教本から選曲をする”を大原則とし、

小さくても着実な成長を自他共に実感することを大事にしている会です。

そして自分以外の演奏を”聴く”ことを身近に捉える、

重要な機会でもあると思っています。

 

 

そしてもう一つ、この会で大事にしているのが

”講師演奏の選曲について”です。

これに関してはおさらい会だけでなく、

発表会とセットにして考えています。

 

 

そういえばこのことについてブログで書いたことがありませんでした。

少し長くなりそうなので今日は開催のご報告のみとして、

選曲に関しては次回のブログで書きますね。

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

 

*Rピアノ教室webページ*

第18回おさらい会の参加受付中です

  • 2019.09.02 Monday
  • 11:07

9月がスタートしましたね!

夏休みが終わってもまだまだ残暑が厳しいですが、

当教室では秋のおさらい会のお知らせを配布&レッスン室掲示しています。

 

 

日時:10月20日 (日) 14時

場所:Rピアノ教室レッスン室

 

 

・おさらい会は原則、参加者及びご家族の方以外は非公開です。

・参加者3名以上で開催決定となります。

・参加者多数の場合二部又は三部制となり、15時と16時の回開催の可能性もあります。

・参加申し込みの〆切は9月20日(金)です。

※9月2日現在既に3名以上の参加希望者のため開催決定です。

 

 

実は2019年はこれが初めてのおさらい会です。

今年は発表会が前倒しになり、例年開催していた3月のおさらい会が

スケジュール的に厳しく見送っていました。

ですので秋のおさらい会は例年より少し早めて10月に、

そして年末か年明けすぐの頃にもう一度開催したいと思っています。

 

 

おさらい会は日々の成果をレッスン室で披露し、

他の生徒さんの演奏にも耳を傾けることが出来る良い機会です。

発表会のように長丁場ではないので、

自分以外の演奏を集中して聴くという経験を重ねるのにも適していると思います。

人の演奏を聴くということは、必ず音楽的財産になり自分に還ってきます。

今の自分よりも数段レベルの高い演奏、知らなかった素敵な曲、

以前弾いたことがある曲を自分とは違った解釈で弾いている人・・・などなど。

数え上げたらきりがありませんが、自分以外の演奏から発見することはとても多く、

他の人の演奏を聴くことで得られるものは日頃の練習を越えることもあるのです。

 

 

自分の演奏と他の人の演奏をじっくり”聴く”ということ。

片方だけではバランスの悪い音楽家になってしまいます。

コンサートに足を運んだり、こういった教室行事のおさらい会などを活用したりして、

色々な演奏を聴く機会を沢山持って欲しいと思っています。

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

 

*Rピアノ教室webページ*

第8回Rピアノ教室発表会、終了!

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 10:18

ブログは本当に久しぶりの更新となってしまいました。

もう二ヶ月近く前のことになってしまいますが・・・(汗

 

 

去る6月30日に第8回Rピアノ教室発表会が無事に終演しました。

出演者の皆さんはもちろん、

ご来場いただいたお客様が自然に作り出して下さった温かい雰囲気により、

盛況かつアットホームな会となりましたこと、心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

今となっては遠い目になりながらの感想ですが(苦笑)、

発表会当日までの準備期間は様々なドラマといいますか・・・紆余曲折がありました。

今年は初の6月開催(いつもは7月)だったことに加え、

5月には大型連休があった影響で

学校のスケジュールが例年とは大きく異なっていたようで、

特に学生の生徒さん達は苦労したようです。

それでも生徒さん一人一人が”今の自分に出来る精一杯の演奏”を舞台で披露するべく、

当日まで頑張ってくれていたと思います。

 

 

当教室単独での発表会は今回で8回を数えますが、

こうして毎年開催していると

お客様(保護者の皆様)の感想が以前とは変化してきています。

毎年出演している生徒さんのお母様などからは

「今年も〇〇ちゃんの演奏を楽しみにしていました。」と仰っていただいたり、

「去年と比べて〇〇くんは物凄くレベルアップしましたね!」とお褒めいただいたり。

その感想を出演者本人に伝えることで更に良い循環が生まれたり・・・という光景は、

会の主催者としてとても嬉しく思っています。

 

 

私は講師として、各生徒さんの成長を見届けることが出来ます。

以前と比べて(良い意味で)大きく変化した部分などを発見しながら日々のレッスンをし、

1年間の集大成として発表会で演奏する姿を見ることで指導者として大きな喜びを得ています。

そしてこうして発表会の回数を重ねることで、客席で聴いて下さる保護者の皆様もご自分のお子さんだけでなく教室全体の成長を見届けて下さっているんだな・・・と思うと、

みんなで作り上げている会なんだと心から感じることができました。

改めて、沢山の方達のお陰でこの教室が成り立っているんだと感謝の気持ちで一杯です。

 

 

最後に写真をご紹介。

今年のゲスト演奏はマリンバの沖田千佳さんにお越しいただき、

共演の安田和香子さんと共に素晴らしい演奏を聴かせていただきました。


 

写真はリハーサル時の沖田さんです。

 

 

隣ではお花屋さんが懸命にスタンド花を製作中ですが、

完成形がこちら。


 

今年はユーカリとかすみ草をメインに床置き型にしていただきました。

 

 

 

来年の発表会日程も既に確定し(8月・・・またもや未知の領域・・・ )、

その前にもおさらい会やピティナステップ参加などを予定していて、

生徒の皆さんは次の目標に向かっています。

 

これからの一年も今まで通り日々コツコツと、

それでいて今までよりもみんなが大きく飛躍してくれる一年にしていきたいなと思っています。

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

 

*Rピアノ教室webページ*

新規ご入会募集枠が定員に達しました

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 10:19

先日お知らせさせていただきました新規ご入会向けのレッスン枠ですが、

おかげさまで先週末をもって定員となりました。

 

現在、別の時間帯で2名の方にそれぞれご入会をお待ちいただいております。

詳細につきましては当教室web ページをご参照下さい。

 

Rピアノ教室webページスケジュール欄

https://www.rpianolesson.com/スケジュール-2019-4-23up/

 

 

尚、体験レッスンのご受講につきましては今後も随時受け付けております。

体験レッスン後にご入会をご希望いただいた際には、

レッスン枠のご希望(曜日と時間帯)をうかがった後、

ご入会をお待ちいただく流れとなっております。

同じご希望枠に複数人お待ちの方がいらっしゃる枠に空きが出た場合には、

体験レッスンをご受講いただいた順にご連絡をさせていただきます。

 

 

お待ちいただいている方及び新規ご入会をご検討いただいておりました方には

大変ご迷惑をおかけいたしますが、

今後ともRピアノ教室を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

2019年4月

Rピアノ教室

 

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

 

Rピアノ教室wbページ

ゴールデンウィーク期間お休みのお知らせ

  • 2019.04.19 Friday
  • 10:42

来週末から10連休となりますね。

ここで当教室のお休みについて、

お知らせをさせていただきます。

 

<ゴールデンウィーク期間のお休みについて>

2019年4月27(土)〜2019年5月5日(日)

 

上記期間中は振替レッスン及び体験レッスンの受講もお休みとなります。

 

体験レッスンのお申し込みや当教室へのお問い合わせに関しましては

上記期間中も随時メールにて受け付けておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

※お休み中のためお返事に少々お時間がかかることもございますが、何卒ご了承ください。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

2019年4月19日

Rピアノ教室

 

 

↓ランキングに参加しています。今日もクリックで応援、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

 

*Rピアノ教室webページ*

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Facebook page plugin

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM